ローソク足の特徴を知ることによるFXの攻略法

Web Template

外国通貨を購入するだけで、簡単に取引をスタートできるFXではあるものの、何も考えずに運用を行っていては、利益を思うように得られなかったり、損失ばかりが膨らんでいく結果になります。


できるだけ利益を獲得できるチャンスを増やせるように、チャートの分析方法について理解を深めておきたいところです。

FXのチャートを参考に、テクニカル分析を行うことで、買い時や売り時のタイミングの判断がしやすくなります。

チャートを見ていると、縦に長い長方形がたくさん並んでいる光景が見られます。


これはローソク足と呼ばれるもので、チャートを使った分析では基本中の基本の要素です。


長方形の底辺が1日の取引での始値をあらわします。

上辺が終値です。さらに底辺や上辺に細長い縦のラインが表示されることがありますが、このラインの先端がその日の最安値と最高値を意味します。

始値よりも終値のほうが高く終わった時には陽線、その逆が陰線と呼ばれています。

このサイトでBIGLOBEニュースの口コミや評判を紹介しています。

陽線と陰線は色分けされていることが多く、確認しやすく工夫されています。
このローソク足の動きを見ることで、FXの取引をしている投資家の心理の参考にすることができます。

トルコリラの珍しい情報をご紹介しています。

安値をあらわす下方向のラインが、上方向のラインよりも長ければ、その後に値上がりをする傾向が強くなってきます。

逆に上方向にラインが伸びる状態が目立つなら、次に値下がりをする可能性が高くなります。

上下のラインの幅がほぼ同等のものはコマ足と呼ばれ、不安定な心理のあらわれとして分析できます。